初めての方へ お買い物の前に
発送について うぇるかむぼ〜ど
キャラメル横丁 -> 駄菓子事典INDEX -> 《は行/ま行》

キャラ横 駄菓子事典
メルマガ「きゃら@め〜る」に連載している駄菓子事典の再録です。キャラメル横丁で扱っているものもたくさんあります。いつもこんなウンチクを語っていれば、きっと友だちから尊敬されると思うよ。たぶん。


【駄菓子事典INDEX】
《あ行/か行》 《さ行/た行》 《な行/は行》 《は行》 《は行/ま行》 《ま行/わ行》
 付録【駄玩具事典】
付録【駄玩具事典】 あ行/さ行> <た行/は行> <ま行/ら行>


は行)→→→

フラフラキャンディー(石田製菓):長い棒の先端にアメがついているので、フラフラ、ユラユラします。アメの部分を口に含んで木枯し紋次郎!「あっしにはかかわりないことでござんす」いよっ!中村敦夫(今じゃ参議院議員)!…なんて、歳がばれますね。カラフルな色と味が揃ってます。

フルーツの国キャンデー(入船製菓):ハートの形がかわいい色とりどりのフルーツキャンデー。まるでジュエリーのようなので、宝箱にしまいましょう。でも気をつけないと溶けてきます。ポッケに収まるバラ売りがうれしいですね。1日1個ときめてお子さんにあげると、笑顔がこぼれます。

プリンましゅろ〜(やおきん):おじゃる丸の大好物、プリン味のクリームがマシュマロに詰った、あま〜〜いお菓子。にっこりプリン味と幸せプリン味がありますけど、味の区別はつきません(笑)。たぶん同じ味なんじゃないかなあ?これはポケットに入れておかないほうが安全。つい寝転んだりするとペッチャリつぶれて中からクリームがはみ出します。

プリンキャラメルわたがし(佐藤製菓):わたがしにも話題のキャラメル味が登場。もともとなかったのがフシギという味だけに子供の評判も上々です。でもフシギなのはその色。キャラメル味だけにカラメルブラウンといった色合いを想像するのですが、これがほとんどただの白色。ものたりないなあと思い口に含むと、あまぁ〜いキャラメル味が広がります。昨今、食用色素にもこだわるお母さんに配慮してか、色ではなく味で勝負!ってとこでしょうか。大人には甘すぎる刺激が後をひきます。

フルーツの森(共親製菓):共親製菓といえば餅飴業界の老舗。このフルーツの森もさくら餅やりんご餅といった餅飴に砂糖コーティングをした一口大(1センチ四方)の四角い餅飴がどっさり盛りあわせてあります。フルーツの森というよりもフルーツの盛りが正しいのかな?ソフトクリームのコーンや金魚すくいの紙じゃないほうのモナカすくいを彷彿とさせる皿に載っているので、皿ごと食べられるエコロジー食品です。つまようじ付きなのも泣かせるところ。

プレイマイク(マルタ食品):これで遊んだ子供は多いと思います。マイクのカタチをした容器の柄の部分にラムネが入ったお菓子。かのピンクレディーもデビュー前には二人で揃って親の前で唄うとき、このプレイマイクを使っていたとかいなかったとか…(おもちゃのマイクという表現は「アニメ・ピンクレディー物語」の中で出てきました。すみません、当時ミーちゃんファンだったもので…)。とにかくアイドルの登竜門、プレイマイクです。今ならさしずめミニモニかな?

ベビースターラーメン(おやつカンパニー):もうここまでメジャーになると駄菓子じゃない!なんて思う方もいそうですが、昭和34年生まれのベビースターラーメン(当時はベビーラーメン)は、駄菓子出身の出世頭です。インスタントラーメンのこぼれたかけらが発想のきっかけでしたが、商品化されたものはちゃんと製品のインスタントラーメンをくだいて作ったもの。現在では専門工場でベビースターラーメン用に製造されているので安心です。多種多彩なバリエーションがあり、メジャーになった今、駄菓子業界でも良く似た商品が多数出ていますね。アレをお湯でもどして食べる人っているのかな?だいたいざざっと口にほおばりましたよねえ。最近のシリーズ商品では固めたり、太麺風に加工したりしてますが、僕はやっぱり元祖がイチバンです。

ペロレン(連勝製菓本舗):棒つきキャンデーと粉(キナコとか粉末ジュース味)が袋に一緒に入って、粉を付けながらペロペロなめる長持ちのする駄菓子。もともとはペロタンという名前にしようと決めていたのに、グリコがペロタンを出したのでペロレンと名前を変えたとか。商標登録の道も大変です。パッケージデザインはジュース味が西遊記。孫悟空とか八戒、沙悟浄、三蔵なんかがあしらわれています。キナコ味のペロキナコレンは桃太郎。特に意味はないらしいんですけど…(笑)

ポップライスチョコ(やおきん):ライスパフを混ぜたチョコ菓子。ライスパフチョコといえば、東チョコのライスチョコレートがポピュラーで、コンビニでもよく見かけますが、これはそのミニ版といったところでしょう。ライスパフは、いわゆるばくだんあられで、はるか昔にはちまたにばくだんあられ屋さんが来ましたよねえ、え、知らない?お米を少し持ちよって渡すと、怪しげな機械に入れて爆音一発!やわらかなばくだんあられの誕生です。あのライスパフとチョコの相性はバッチリ。チョコもミルク分の少ない凖チョコレートがベストの組合せですね。大人になったら何個でも食べられます。

ポテトフライ(東豊製菓):登録商標のない名前だから付けたもん勝ちなんだけど、ポテトフライというとマックの棒状ポテトを思い浮かべてしまうがさにあらず。馬鈴薯の粉末と小麦粉を円盤状に固めた揚げスナックです。キムチ味、マヨネーズ味、チキン味、テリヤキバーガー味、コンポタージュ味など種類は豊富。最近は駄菓子の世界も原材料に神経をとがらせていて、原料も、“遺伝子なんたらは使用してません”の注釈付き。じゃあ、子供の頃食べてた駄菓子は何だったの?…ってその頃は遺伝子組み換えも発見されてませんか…ハハ(^_^;)。ただ、近年、駄菓子の原材料が全般に安心できるようになったのは確か。お母さんも安心して子供に買ってあげてくださいね。

ポケットカルパス(株式会社ヤガイ):その昔、ジーンカルパスというのが流行った事を覚えている人いますか?デニム模様のパッケージに入っていて、アウトドアで気軽に1本、というやつです。あれでカルパスという言葉を覚え、大人のアウトローみたいな気分に浸りました。さてサラミとカルパスの違いを紹介しましょう。サラミはサラミスが発祥の地といわれるドライソーセージ。日本では牛肉及び豚肉のみで作られた製品はすべてサラミと呼ばれています。(サラミスといえば、ガンダムの連邦軍巡洋艦の名前!そうかあれはドライソーセージだったのか、かたちが似てなくも無い、かも?)カルパスの語源は、スラブ語でソーセージの意味?なぁんだ)。豚肉・牛肉を黒こしょうやガーリックを加えて乾燥し、ボイルしたセミドライソーセージの一種です。何にしろ、尻ポケットに突っ込んで、小意気に食べるのが、カルパスの真骨頂でしょう。ビールのおつまみにも、もちろんどうぞ。



ま行)→→→

前田のクラッカー(前田製菓):とっくの昔にCMは終わったのに、いまだに「♪当たり前田のクラッカー」と独特な節回しで声をあげる藤田まことが脳裏をよぎります。よほどインパクトが強かったんですねぇ。実はなんのことないミニサイズのクラッカーなのに、なんだか懐かしさに浸って食べちゃいます。ちょっぴり塩味もたまらないってかんじ。気を付けて下さい、猛烈に口の中が乾いてきます。のどにつまらないように飲み物は手の届くところに置いておきましょう。けっこう歯にもくっつきます(^_^) 。

マーブルガム(丸川製菓):オレンジマーブルフーセンガムがもっとも知られる、マルカワの箱入玉ガムシリーズ。ちっちゃな箱を開けると、コロコロッとちょっぴりいびつなパチンコ玉サイズのガムが出てくるあの愛らしさは、今ではOLさんのオフィスおやつの定番とか。プチな感じがいいんですよね。現在は6個入りが基本サイズ。味はオレンジのほか、グレープ、マスカット、いちご、コーラなどがあります。アソートパックなら全部の味をいっきに口に入れることも可能。大人だからできるこのだいご味。口の中はもうほとんど何の味かわからないトロピカルです!

みつあんず(港常):関東方面では根強い人気を持っているあんず系駄菓子。刻んだあんずと水あめにはちみつが混ざっています。甘酸っぱい味は、まさに駄菓子屋テイスト。実は岐阜県出身の私は、この味を子供の頃に体験してないので、ちょっとキツいんですが、みつあんずは地域によって流通してたとことしてないとこがはっきりしてたんでしょうね。ほら、みそ汁や雑煮と同じでその家の味が幼年時代から定着すると、なかなか変えられないみたいな(私は今でも赤だし党、白みそ仕立なんて家ではまったく食べられません!)。さてこのみつあんず。給食に出てきたタカベビージャム(これも世代や地域で異るからややこやしい)に似たビニールパッケージなんだけど、パンに塗っても美味いのかなあ?あ、そうかミルクせんべいに載せる(もしくは挟む)って手はありますね。

ミルクボーロ(岩本製菓):これ、私は赤ちゃんの離乳食と思ってたんだけど、そうでもないみたいですね。カシュカシュっとしたはかない食感とミルクっぽい味わいがいかにも赤ちゃん向けって先入観持たせるんですけど。気をつけなくちゃいけないのが、ボーロはもろいということ。袋の上から押潰されちゃうと、後は粉しか残らないから、バッグの奥に忍ばせるのはやめたほうがいいかも。お尻ポケットももってのほか!丁重に、慎重に、うやうやしく召上りましょう。






きゃら@め〜るも見てね!
ご意見・ご感想・お便りをお待ちしています。

▲このページのトップへ キャラメル横丁 -> 駄菓子事典《は行/ま行》



HOME