昭和オールディーズ 昭和20~40年代

昭和オールディーズ


キャラメル横丁 -> 昭和オールディーズ/昭和日常博物館企画展
駄菓子の全盛期は一般に昭和20~40年代といわれています。この時期の日本は、20年代前半こそ敗戦後のどん底をさまよっていましたが、後半は急速に経済が拡大して高度成長時代へと発展、さらに終盤には昭和元禄!?の最盛期を迎えるに至りました。
キャラメル横丁では昭和20年代から40年代までを勝手に『昭和オールディーズ』と名づけさせていただき、駄菓子を中心に当時の世相や、その中で駄菓子のはたした役割などについて、みなさんといっしょに考えていきたいと思っています。

昭和オールディーズ

●8丁目2番地 ご愛読者投稿 駄菓子エッセイ 桃乃子さん/mimi奴さん/かな@さん/猫乃ぽろさん
●8丁目3番地 駄菓子屋さんの○△□ by 市橋氏  市橋氏の近況
●8丁目4番地 大須ゆめ横丁 by HANZO氏



●8丁目1番地

北名古屋市歴史民俗資料館

《昭和日常博物館》
北名古屋市歴史民俗資料館
* * *
企画展レポート



(1)「日本の夏」展(2001年Summer)レポート
(2)「道具から見た昭和の女性史」展(2001年10月-2002年1月)
(3)モノ集めのココロ―私的コレクションの楽しみ・活かし方―(2002年3月-5月)
   
―昭和日常博物館のモノ集め―公的コレクションのミカタ・活かし方―
(4)昭和・暮らしの値段(2002年7月-9月)  ―キオクを探る昭和モノの値段史―
(5)懐かしさのチカラ
  
 昭和日常博物館の新たな試み―回想法と高齢者と博物館―
(6)懐かしさのチカラ(2003年3月-2003年6月14日)
   
リボンのにあう昭和少女モノ語り~昭和30年代・少女があこがれ、夢見た世界~
(7)昭和のココロ展(2003年11月1日-2004年1月30日)
   
―画集「肩ぐるまの時代」原画に見る昭和を記録する本質―
(8)昭和少年少女レトロ玩具箱(2004年3月2日-2004年5月30日)
   
―昭和レトロ玩具ミュージアムへようこそ!! もう一度見たいキオクのなかの玩具―

(9)阿部夏丸さんの「まるごと川あそび」(2004年7月1日-2004年9月29日)
   
―ずぶねれで遊んだ夏。遊ぶ夏。

(10)家族旅行のキオク 昭和おみやげ大全(2004年11月-2005年1月)
   
―仮説・人類生活史上最大の変化とお土産品の深い関係!?

(11)特別展 昭和暮らしの大事典(2005年7月1日-9月29日)

(12)箱のなかみは…? ふたをあけて…!(2006年3月1日-5月30日)

(13)新・コドモノコロ双六(2007年11月1日-2008年1月30日)
―世代をこえて親しまれるスゴロク+α=「回想・交流スゴロク」―

(14)詳説・昭和大流行(2008年3月1日-5月30日)
昭和レトロブーム解析と展望―昭和日常博物館の10周年を展を添えて

(15)昭和ecoモノ語り(2008年7月2日-9月28日)
生活に“プラス”昭和の暮らしにエコを学ぼう

(16)お洋服あ・れ・コ・レ(2008年11月1日-2009年1月22日)
昭和30年代のお洋服と洋裁にまつわるあれこれ

(17)春・昭和旅へ(2009年3月1日-2009年5月31日)
懐かしい絵葉書を手がかりに時間旅行

(18)昭和のキッチン・台所再見(2009年7月1日-2009年9月29日)
昭和時代の台所道具と食生活・家庭料理を探訪

(19)昭和のレトロ雑貨大全(2009年11月1日-2010年1月31日)
暮らしのなかに、なつかしさを

(20)古書に時代の空気感を読む(2010年3月2日-2010年5月30日)
ブックデザイン・装丁を愛でながら

(21)回想の道具学(2010年11月3日-2010年12月26日)
懐かしい道具のユニバーサルなチカラ 海外の洗濯板がやってくる

(22)実物による情景再現キット 木造校舎編(2011年3月1日-5月29日)

(23)市民ミュゼ誕生(2011年11月2日-2012年1月29日)

(24)合体家電と家電もどき(2012年3月1日-2012年5月30日)

(25)電気冷蔵庫があの夏を変えた(2012年7月5日-2012年8月30日)


(26)昭和生活文化総合研究所(2012年10月3日-2013年2月11日)

(27)花咲く昭和(2013年3月5日-2013年5月30日)


(28)ショウワ・ラボ的夏休み自由研究(2013年7月3日-2013年8月30日)

(29) ショウワ☆ライフ 昭和の暮らし切り抜き帖(2013年10月2日-2014年1月26日)

(30)昭和文具・ラボ 愛用の文房具を探せ!(2014年2月7日-2014年5月30日)


(31)昭和ボードゲーム年代記(2014年7月2日-2014年8月31日)

(32)ショウワ・キュイジーヌ(2014年10月7日-2015年1月30日)

(33)昭和の「寝る」にまつわる博物誌 春・ネル・おふとん(2015年3月1日-2015年5月31日)

(34)時を超える驚異の昭和ノスタルジック 大エジプト・柄・展(2015年7月4日-2015年9月23日)

(35)ミシンで縫い上げられたオシャレな洋装カルチャー 昭和モード・型紙型録(2015年11月1日-2016年1月31日)

(36)ドキドキワクワク新入学・はじめて・大図鑑(2016年3月2日-2016年5月29日)

(37) 昭和の夏・日本各地で愛飲されたジュースビン・コレクション2500 夏・レトロジュースビンの世界(2016年7月8日-2016年8月30日)

(38) 歴史民俗資料館会館25周年記念 25/82展(2016年10月8日-2017年1月29日)

(39)静物となった生物 暮らしの品々に生息する“いきモノ”の世界(2017年3月1日-2017年5月30日)

NEW! (40)昭和・暮らしの端っこ展(2017年7月7日-2017年9月10日)


※      ※      ※      ※      ※



北名古屋市歴史民俗資料館 その40
北名古屋市歴史民俗資料館にて年3回開催される企画展をご紹介するコーナーです。

昭和・暮らしの端っこ展
  平成29年7月7日(金)~平成29年9月10日(日) 9:00-17:00 入場無料
休館日:月曜日、第3日曜日、月末日、特別整理期間


  昭和時代は60年余り、前半と後半では生活様式が激変します。昭和30年代には、三種の神器と呼ばれるテレビ、冷蔵庫、洗濯機が登場し普及したことにより、現在のわれわれの生活の基盤が整い始めました。

こうした生活資料のなかで、暮らしには欠かせないがさほど意識されるわけでもないモノたち、例えば、日常的に使われていたごみ箱、便所の紙置き、ヒューズなど、暮らしには欠かせないけど、さほど意識されていなかったモノたちから昭和の暮らしを探ります。

すっかり忘れていたけど、たしかに暮らしの端っこにあったモノたち。ここで偶然に再発見した懐かしいモノたちは、一瞬にして当時の出来事や気分など、あなたが過ごした貴重な時代の一コマを取り戻してくれるのではないでしょうか。


★     ★     ★     ★     ★





懐かしいお茶の間の端っこにころがっていた生活用品たち
今はどこへ?!






 
ブリキのおもちゃ 蛍光灯スタンド  
 
レコード、レコード針 インスタントラーメンやお菓子の袋  
 
お菓子の箱 缶コーヒーの空き缶  
その他もろもろ  
▲up

☆       ★       ☆





夏まっさかり、座ぶとん枕で一眠り


夢のような時代でした




▲up


★     ★     ★     ★     ★



   
  柱時計のゼンマイを巻く鍵   リヤカーの鑑札
     
  クリップ類、ゴム印とスタンプ    



★     ★     ★     ★     ★



  ヒント
私もしてました





月が変わるごとに付け替えていた、腕時計のベルトに巻きつけるミニカレンダー
スマホ時代では考えられません
▲up


★     ★     ★     ★     ★




まさにゴミ箱行きだったモノたちが歴史的資料によみがえりました
昭和日常博物館



☆       ★       ☆



扇風機のリボン 牛乳瓶のフタ
製氷器 トイレの紙置き

▲up

★     ★     ★     ★     ★


こんなところにも!

当時はあまりにも日常であったがゆえに記憶にも残っていないモノたち
まだまだたくさんありそうです
あなたの家の奥にも何か残っていませんか?
見方を変えればすごい掘り出し物になる可能性もありますね



☆       ★       ☆


★     ★     ★     ★     ★



▲up








北名古屋市歴史民俗資料館 地下1階
60-70年代 懐かしのマイカーが勢揃い






昭和日常博物館の地下駐車場に突如として出現
昭和のマイカー博物館
もちろん手で触れることはできませんが、鑑賞は無料です!












北名古屋市歴史民俗資料館/昭和日常博物館

▲up



資料提供・問い合わせ先;北名古屋市(旧・師勝町)歴史民俗資料館 昭和日常博物館
〒481‐858 愛知県北名古屋市熊之庄御榊53  TEL 0568-25-3600
昭和日常博物館
特別展・企画展
昭和モノ事典
昭和日常博物館Blog


キャラメル横丁 -> 昭和オールディーズ/昭和日常博物館企画展



株式会社マルホ/代表取締役 堀田久富
〒451-0066 名古屋市西区児玉三丁目7-21
shop@carayoko.com
http://www.carayoko.com/
TEL:052-523-1161/FAX:052-532-0448